さて、検索回数が出会えるサイト探しにおいて重要だということを、ここまで解説させていただきました。検索回数の多いサイトは、多くの方が名前を知っているということであり、注目を集める存在ということですからね。それだけコンテンツの充実度や、出会いの成立数にも期待できるということですが、なぜそのような相関関係があるのか改めて考えていきましょう。

 

■検索回数には、常連の利用者も含まれる

 

皆さんはあるサイトを探そうと思って、検索エンジンに名前を入力するとき、どういう状況を想定しているでしょうか。まず、多くの方が考えるのは「初めて利用するとき」だと思います。まったく知らないサイトについて興味を感じたものの、URLがわからないので、検索エンジンの力を借りるというわけですね。そして、そのサイトを使い始めたときにはブックマークに登録し、それ以降に検索エンジンを使うことはないかもしれません。

 

ところが現実はどうかと言うと、毎日アクセスしている人であっても、検索エンジンに出会い系サイトの名前を入力することは考えられます。普段から使っているサイトでも、毎回のように検索をかける人がいるため、それも検索回数に反映されるのです。一昔前までは考えられなかったことですが、最近はグーグル等の検索エンジンもレスポンスが向上しており、入力と同時に結果が表示されますからね。ブックマークから選択するのと時間的に大差はありませんので、毎日検索するような利用者もいるため、出会えるサイトはやはり月間検索回数が上位にランクインするものなのです。

 

■検索される場面を思い浮かべれば、出会えるサイトはやはり回数が多くなるもの

 

出会えない系サイトと出会えるサイトを比べれば、検索回数に差が出るのは当然だとわかると思います。出会えない系サイトなら、何度かログインしただけで利用することが無くなるため、もうその人が検索をすることはあり得ません。また、友人に勧めるようなこともありませんから、そういう意味でも検索エンジンとは無縁の存在となります。

 

一方で出会えるサイトは、耐えず利用者にアクセスされ続けるため、名前を入力してもらえる機会も多いでしょう。掲示板やブログで取り上げられることもあるので、そこから名前を検索されることも考えられます。このようなことを考慮すれば、やはり月間検索回数と出会える系サイトには密接した関係があり、大きな判断材料となると理解してもらえるはずです。