成人向けの雑誌というのは、性的な話題や写真が多いこともあり、それだけ女性を求める男性が多いはずです。そして、そこに掲載されている広告というのは、性欲を餌にして男性から金銭を欲するサービスや企業によるものです。出会い系サイトの場合も、純粋に男女の出会いを提供するというより、お金をむしり取ることばかり考えて作られた出会えない系である可能性が高いです。

 

■出会いが存在しないだけなら、まだマシだと思いましょう

 

出会えない系サイトが広告費を支払ってまで、なぜ宣伝活動をするのか考えてみましょう。それは「広告費以上に儲かるから」であるのは間違いありません。成人向けの雑誌であれば、お金に糸目をかけずに性欲を発散させようとする男性が多く、やり方次第では数万円までは利益が見込まれます。こうした出会えない系サイトは、運営側が確信的に出会えない状況を作っていると考えましょう。男性に出会いを掴ませるのではなく、ありもしない出会いを求めて、サイトの中でお金を落としてもらう状況が運営側の目論みです。

 

■有料サイトなら高額請求、無料サイトでも同時登録がある

 

出会えない系サイトが有料サービスとして運営されているならば、かなり高額請求を受けることになるでしょう。メール1通送るだけでも数百円の請求が発生するので、何通もメールをしてしまえば、それだけでも万単位のお金になってしまいます。そのメールが出会いに結びつくならまだしも、相手がサクラであるのがほとんどですから、全くの無駄金と言えるでしょう。

 

また、無料サイトが男性誌に広告を出しているケースも見られますが、これも気をつけるようにしてください。見かけは無料サービスですが、登録したメールアドレスを収集し、他の有料サイトに誘導される場合があります。これを同時登録と呼びますが、かなり悪質な事例も見受けられますので油断しないようにしましょう。